軽技Web+RPA

03-5817-5710

ユースケースで考える
RPAで「できること」「できないこと」の境界線

⽬次

RPAは、判断しない

様々な業務を自動化できるのではないか?と期待が膨らむRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。ですが、当然ながら、何でもできる“魔法のツール”ではなく、できないことも多くあります。なかでも、RPAツールでは対応不可能とされるのが、「地図など複雑な画像から文字を認識すること」や「CAD画面の認識」、「タッチパネルの操作」などです。これらは、現状のRPAツールでは対応できず、今後の技術進化に期待するしかありません。
次に、対応できないことはないものの、検討が必要なのが「条件分岐」です。例えば、入力・転記業務でも、取引先ごとに入力内容・項目が異なるなど条件分岐が多いケースでは、これらを細かく実装する必要があります。この開発コストと、自動化による効果のバランスをよく検討しなければ、「開発にばかり時間とコストがかかり、費用対効果がでない」ということになりかねません。ここで特に注意しなければならないのが「RPAは判断しない」という点です。事前にすべての条件を設定する「条件分岐」と異なり、そのときの状況などをもとに柔軟な対応が求められる「判断」は、RPAで自動化することはできません。RPAで「できる領域」と「できない領域」をしっかり見極めて、活用することが重要です。 業務の特性にあわせて、ツールも使い分けを

どこまでRPA化し、どこから人が対応すべきか……ユースケースで考える

ではRPAで、できる領域とできない領域の境界はどこにあるのでしょうか?もちろん、企業や業務の状況にあわせて異なりますが、ここではよりイメージしやすくなるよう、具体的なユースケースを紹介しましょう。

  • <ケース1>見積書の作成

    決まったフォーマットに、商品の価格などをコピー&ペーストして作成する「見積書」。一見、RPAの得意分野に見えますが、「顧客にそのまま送れる見積書」をRPAだけで仕上げようとすると、ハードルがあがります。顧客に提示する際には、「今回は大量発注だからボリュームディスカウントを適用する」「年度末だから値下げする」といった“判断”が必要なケースも多いはず。当然、これらをRPAに組み込むのは無理があります。
    こういった場合は、商品の単価や取引先情報を参照し、ひな形を作成するところまでをRPAで自動化し、最後の判断・調整は担当者(人)がおこなう形がよいでしょう。

  • <ケース2>交通費精算

    従業員から申請のあった交通費について、それぞれの金額が正しいかどうか、1つずつWebサイトなどで確認するのはかなり厄介なもの。こちらもRPAで確認を自動化できないか?と期待される業務です。
    申請内容をベースに、経路を検索、もっとも金額が安いルートかどうか、金額が正しいかどうかを確認し、チェックするところまではRPAで自動化できます。ただし、「駅名が間違っていた(駅名が存在しない)」「最安ルートではないが、例外的に認められることもある」などのケースも。こういった点は、RPAで確認・照合した結果をもとに人が最終判断するフローをお勧めします。

最初から「100%自動化」を目指すのではなく、どこまでRPAを使うかの見極めを

次世代型RPAではAIを搭載することで、業務の判断までも実現すると言われていますが、現状のRPAツールはあくまでも「事前に設定した内容に基づいて処理を実行する」ものです。RPAに任せるのか?、人が判断するのか?の境界として「その内容を条件分岐として作りこむことが可能か」を基準としてもいいでしょう。状況判断が必要で条件を設定できないケースや、条件があまりに複雑になってしまうケースは、RPAで自動化するのではなく、人が判断する領域と言えそうです。
「RPAで全部を自動化はできない」となると残念に感じるかもしれませんが、1つの業務の70%程度を自動化できれば、人は残りの30%に注力できるようになります。「30%は自動化できない」ことばかりにフォーカスしがちですが、RPAの得意とする領域を手軽に自動化することで、手作業を削減できる効果は十分に大きいはずです。RPAが得意とする領域と、引き続き人が担当する領域を明確にすることこそが、着実に業務効率化を進める上で近道となるのではないでしょうか

軽技Web+RPA特集ページ

働き⽅改⾰の即戦⼒「RPA+α」でできる業務⾃動化メソッド

コラム一覧

関連ホワイトペーパー

  • 働き⽅改⾰で⽬指すべき、⽇本の未来⽇本が直⾯する少⼦⾼齢化の危機をどう乗り越えるのか?

  • 「RPAで簡単に⾃動化」は夢物語か?様々な課題を乗り越える解決策とは

働き⽅改⾰の即戦⼒「RPA+α」でできる業務⾃動化メソッド 働き⽅改⾰の即戦⼒「RPA+α」でできる業務⾃動化メソッド