BIツール・帳票作成・データベース(DB)検索ソフト/軽技Web

BIツール乗換をご検討中の方

BIツールの最適化できていますか? BIツールの最適化できていますか?

ご使用中のBIツールに、こんな課題をお持ちですか?

契約満期を迎える既存のBIツールのリプレイスを検討する上で、お悩みをお持ちではないでしょうか。
軽技Webはリプレイス時のお悩みを解決します。

更新・バージョンアップ費用が高額

BIツールにかかるライセンス費・サポート費のコストダウンを実現!

BIツールの契約更新時に問題になるのが、契約更新費やバージョンアップ費用。製品によっては、新規導入時に匹敵するほど高額になる場合もあり、既存のBIツールの契約更新をせずにリプレイスを検討されるお客様も多くいらっしゃいます。

軽技Webは、初期費用198万円からと、安価で導入が可能です。加えて、サーバ単位での契約となるため、利用者人数に応じた従量課金が発生しないので、「BIツールを導入したが、コスト面から現場に十分なアカウントを配布できない」などの煩わしさがありません。

価格

既存のBIツールがオーバースペック

「現場が使いこなせる」ツールの導入で、これまで以上の活用を

既存のBIツールで「使っていないオーバースペックな機能」が複数あれば、BIツールの見直しが必要です。

そのようなお悩みを抱えた企業様の多くが、「難しすぎて現場が思ったように利用しきれていない」「情報システム部門のサポートが追いつかず、最低限の機能しか利用できていない」というハイエンドBIツールにありがちな落とし穴にはまっています。結果、導入当初に見込んでいた生産性向上は得られない状況に陥りがちです。

軽技Webは、現場の社員やスタッフが使いこなすことを想定し、低コストでシンプルな設計です。専門知識がなくても、簡単に利用できるので、全社の業務・情報活用が活性化します。

既存DBをスムーズに移行したい

既存クエリを並行移行し、現状業務を維持する

BIツールのリプレイスで悩ましいのが、既存DBの移行。既存クエリは現場ごとにカスタマイズされており、データ抽出と移行作業が困難になる場合があります。

富士電機は、豊富なBIツール移行経験を活かし、既存のクエリを並行移行する「業務を止めないスムーズな移行」を実現しています。
ぜひ、お気軽にご相談ください。
「今」分析結果がほしい現場に、最適なBIツールとは?

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールを導入したものの、「現場でまったく活用されなかった」「現場の業務に浸透しなかった」という事態に直面している企業は少なくありません。なぜ、このような状況が生まれてしまったのか、そこにはBIというシステムならではの課題があります。「軽技Web」の導入事例を交えて紹介します。

ホワイトペーパーダウンロード

ホワイトペーパーダウンロード

BIツール乗換をご検討中の方
  • デモお申込み・ お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ホワイトペーパー ダウンロード
お申し込みはこちら

デモ申し込み・お問合せ

カタログ請求

ホワイトペーパーダウンロード

お電話で お問合せ
デモ申し込み・お問合せ
カタログ請求
ホワイトペーパーダウンロード