BIツール・帳票作成・データベース(DB)検索ソフト/軽技Web

CO-LINE連携

Web報告データ収集システム【CO-LINE】

Excel報告書を使用し、報告データ収集業務の迅速化と効率化を、短期間・低コストで実現

CO-LINEは子会社や事業所・部門などの各組織のExcel報告書を効率的に収集するためのWeb報告データシステムです。
報告用のExcelファイルには使い慣れた現在使っているExcelを使用することができるため、資産を有効に活用しながらデータ収集業務の大幅な効率化を図ることが可能です。
収集した報告データはデータベース上に一元的に集約されるため、連結決算システムやBIツールと連携することで決算開示の早期化や経営に必要な情報の迅速な提供を実現します。

連結決算システム、BI・帳票ツールとの連携

特長

現在使っているExcel報告書の有効活用

  • Excelは多くの企業様で財務レポートの作成や業務プロセスの管理に活用されています。
    CO-LINEで収集する報告用のExcelファイルにはお客様が既にお使いのExcelフォーマットを利用することが出来るため、現在使っているExcel報告書を無駄にすることなく活用することが可能です。

同時期に複数種類の経営情報を収集

  • 決算、月次、予算報告等、経営に有用な各種報告データの収集が可能です。
  • 報告種別毎に収集サイクルを管理しているため、収集時期が重なっても柔軟に対応できます。

海外拠点からの報告データ収集にも対応

  • 英語画面を標準装備しているため、国内のみならず海外の子会社・支店からの報告データの収集が可能です。

Web報告データの一元管理

  • 収集したWeb報告データはデータベース上に一元的に集約されるため、決算システムやBIツールへのデータ連携が可能です。
  • 連携実績のあるシステムは以下の通り。 (※各種システムとの連携には別途アドオン機能の開発が必要となります。)
    STRAVIS、DIVASYSTEM、HYPERION、SUPER COMPACT、軽技Web、Oracle EBS、BusinessObjects等

報告チェック機能

  • Excel報告書をアップロード時にデータをチェックすることが可能です。
    エラーがある場合、報告者にメールでエラー内容の通知が行われます。

実績データ取込機能、データの貼り付け機能

  • 他システムから実績データ(csv所定フォーマット)の取込みが可能です。
    また、上記実績データや過去に報告を行ったデータをあらかじめExcel報告書に貼り付けた形式で作成することが可能です。
    貼り付けた実績・過去データを見ながら効率的に予算作成を行うことが可能となります。

ワークフロー機能、監査ログ出力機能

  • ワークフロー機能により承認プロセスを伴う報告データ収集が可能です。
  • ダウンロード、アップロード時には監査ログ上に操作内容が記録され管理者はいつでも閲覧することが可能です。
このページの先頭へ

導入効果

導入期間・費用の削減

  • 現在使っているExcel報告書を活用できるため、入力用のシートを新規に作成する必要はありません。
    またCO-LINEへの登録作業もお客様自身で簡単に行えます。
  • 入力フォーマットの変更がないため、報告者への導入教育コストの削減が可能です。

準備作業の効率化

  • 報告書一括作成機能により各組織へ配布するための報告書を自動で作成します。
    その際に実績データ・過去データの貼り付けを行った報告書を作成することが可能です。
  • 作成された報告書の配布作業は不要で報告者が画面からダウンロードを行います。

収集作業の効率化

  • 入力が完了したExcel報告書の収集作業は不要で報告者が画面からアップロードを行います。
    メールで送付する際によくありがちな、宛先間違や添付し忘れの心配が要りません。
  • アップロード時に報告データに対し必須・同一値・演算値チェックなどのデータチェックを行うことが出来ます。
    管理者が報告書をチェックして、誤りがあれば報告者へ再入力を依頼するといった手間を大幅に軽減することが可能です。
  • 各組織の報告状況は、報告状況画面からリアルタイムに把握することが可能です。
  • 報告期限を過ぎた組織に対しては、ボタンひとつで督促メールを送付することが可能です。
  • 報告されたファイルは履歴として管理されているため、いつ、誰が、どのような報告を行ったのかを閲覧することが出来ます。

収集データの活用

  • 収集したデータは公開用テーブルへ一元的に集約され蓄積されます。
  • BIツールや帳票ツールから公開用テーブルを参照するだけで、収集データを自由に活用することが可能となります。
このページの先頭へ

ケーススタディ

こんなことで困っていたら

このページの先頭へ

導入実績

古河電気工業株式会社様、株式会社三菱ケミカルホールディングス様、大手都市銀行様、鉄鋼メーカー様、化粧品メーカー様、化成品・繊維メーカー様、富士電機株式会社(順不同) など

このページの先頭へ

動作環境

サーバ
OS

Windows Server 2003、2008

データベース

Oracle 10g/11g

クライアント
ブラウザ

Internet Explorer 6、7、8、9

Excel

Excel 2003、2007、2010

このページの先頭へ
お申し込みはこちら

デモ申し込み・お問合せ

カタログ請求

ホワイトペーパーダウンロード

お電話で お問合せ
デモ申し込み・お問合せ
カタログ請求
ホワイトペーパーダウンロード